コンクリートとモルタルの違いわかりますか?


     コンクリートとモルタルの大きな違いは砂利の有無ですが、これによってそれぞれの強度が

     異なり、使用する用途も変わってきます。それぞれの特徴は以下の通りです。
 

   コンクリートってなに?。o○ 

         セメントと砂利と砂を混ぜ、水を入れて練ったもの。

     ブロック塀を積み上げる時の基礎や建物の土台、カーポートなど強度の必要な

     場所で使います。


   
モルタルってなに?。o○ 

         セメントに砂を混ぜ、水を入れて練ったもの。

     コンクリートほどの強度はありません。ブロックやレンガを積む時や、

     コンクリートの表面の仕上げなどに使います。


   
セメントのみを水で練ったものは「セメントペースト」と言います。

     きめ細かいのが特徴でタイルの目地やモルタルのひび割れの補修等に使います。


       いかがですか?コンクリートとモルタルの違いは分かっていただけたでしょうか?そうなんです。

      どちらも大きな違いはないのです。違いと言えば砂利が入っているか、いないか簡単に言ってしま

      えばただそれだけの事なんです。難しくないでしょう?

      使う道具も別に特別なものは必要ありません。ちょこっと使うだけならバケツとガーデニングなどで

      よく使うあの小さいスコップこれだけ・・・。別に大掛かりな道具を揃えなくても誰にでも簡単にできる

      物なんです。

 

コンクリートの場合

材料 セメント
一般で売られている川砂やふるい砂など
砂利 粒のあまり大きくないものが使いやすいです。

道具 スコップ 先がとがっている(剣スコ)よりも先の平らな(角スコ)が便利です。
練りクワ あっても無くても差し支えありませんが、あったら便利です。
トロ舟 あっても無くても差し支えありませんが、沢山練るならあったほうがいいです。
バケツ 必需品です。
ゴム手袋 必需品です。セメントを使用するときは必ず着用してください。


モルタルの場合

材料 セメント
一般で売られている川砂やふるい砂など

道具 スコップ 先がとがっている(剣スコ)よりも先の平らな(角スコ)が便利です。
練りクワ あっても無くても差し支えありませんが、あったら便利です。
トロ舟 あっても無くても差し支えありませんが、沢山練るならあったほうがいいです。
バケツ 必需品です。
ゴム手袋 必需品です。セメントを使用するときは必ず着用してください。


  材料と道具はこんな感じでしょうか〜?後はトロ舟が無いときはベニヤ板や鉄板、他には昔

 使用していたタライ等があればそういうものが便利だと思います。

 とにかく、セメントと砂と砂利を入れて水を入れて混ぜることが出来ればそれでいいのです!


  コンクリートを練る際の混ぜる割合は?  

作りたいコンクリートの量を大体の目安で決めます。

コンクリートは砂利の分の量しかできないので、混ぜる
時に砂利の量を参考に計算すると良いです。

なぜ砂利以外にも砂やセメントを入れているのに砂利
の量になってしまうかと言うと、水を入れて練っていくう
ちに砂利の間に砂やセメントが入ってしまう為です。
ですから実際には砂利の分の量しか出来ないのです。

  モルタルを練る際の混ぜる割合は?

作りたいコンクリートの量を大体の目安で決めます。

モルタルは砂の分の量しかできないので、混ぜる
時に砂の量を参考に計算すると良いです。

なぜ砂以外にもやセメントを入れているのに砂利
の量になってしまうかと言うと、水を入れて練って
いくうちに砂の間にセメントが入ってしまう為です。
ですから実際には砂の分の量しか出来ないのです。

  夏場と冬場だと固まりだす時間がかなり違いますので、焦らず丁寧に仕上るのであれば夏場と冬場で

 水の量を調整して固く練ったり柔らかく練ったり調整すると良いと思います。

 頑張ってせっかく練り上げたコンクリートやモルタルをあまり使わないうちに水が引いてしまって使えなく

 してしまったのではせっかくの苦労が台無しになってしまいますし、だからといって焦ってブロックやレンガ

 を積んだり土間などを均したりしていたのでは出来上がったときにあまり満足のいくものが出来なかったと

 言うことになりかねませんので注意してください。


  空練り ・・・ 水を加える前に「セメント」と「砂」をスコップか練りクワで丹念によく混ぜ合わせます。

            セメント練りの作業はセメントの粉によって手が荒れるので必ずゴム手袋を着用して

            下さい。 (コンクリートを作る場合は、次に「砂利」を加えてよく混ぜます。)


  水練り ・・・ 混ぜ終わって空練が完了したら、水を加えて水練りをします。

            混ぜた材料で山をつくって凹みをつくり、水を外にこぼれないように流し込んで水練り

            します。上手く練るコツは水を一度に加えずに少しずつ加えて練ることです。


  練上り ・・・ スコップですくっても流れ落ちない程度まで練り上がったら「コンクリート」「モルタル」

            の完成です!(型枠に流し込む場合は少し柔らかめにします。)


  後始末 ・・・ 作業が終わったら使用した道具はバケツの水ですばやく洗います。セメントは水中でも

            固まるので排水口には流さないようにしましょう。庭などに穴を掘って流し込むといいでしょう。


  以上がコンクリートやモルタルと作るための一連の作業となりますが、分かっていただけたでしょうか?一般の

 ユーザーの方でも簡単に使用していただけると思います。決して難しく考えるほど難しいことではないので是非

 一度チャレンジして見てはいかがでしょうか?又、購入する際にご質問などがございましたらお気軽にご連絡を

 いただければ、当社のプロのスタッフがしっかりとお教えいたしますのでご安心ください。